14.5 MW太陽光発電所の建設に入る > ニュース

본문 바로가기

ニュース

 >  サポート > ニュース

14.5 MW太陽光発電所の建設に入る

페이지 정보

Writer 관리자 Lookup 204
Date time17-07-17 16:17 Comment 0Cases
Attachments

본문

当社は、今月に全羅南道海南の合計14.5 MWの発電所の建設に入ります。
先月に許認可がすべて仕上がりになって、最終的に着工に入るなりました。
今年10月末に完成予定で、総事業規模は約230億ウォンです。


忠清道保寧市に建設中の7.2MWの発電所は、先月に使用前検査を完了し、
過去1年間に建設を終えた57MWの太陽光発電所の近くに戻って14.5 MWの発電所の建設を
開始になり、年末までに海南で合計35MWの太陽光発電所の建設を行う予定です。

太陽電池モジュールは、当社の主力製品である420W単結晶モジュールが使用され、
インバータは、1〜2MWインバータを適切に組み合わせて三巻変圧器で昇圧した後、
専用線でを通じて電力系統に接続さ予定です。

これからも私たち(株)タプソンは、再生可能エネルギーの太陽光産業分野で最高の専門
企業になるために努力し、気候変動に対処して、現在と次世代をのための純粋なエネルギーを

作る率先は未来のエネルギー企業になることです。